夏少女~日焼けの思い出
b0086593_1385070.jpg

あ、レモンライブのチラシ撮影の時に、写メしておいた、横向きの写真。↑

前からではわからなかったと思いますが、
後ろもこんなにゴージャス、くるんくるんだったんですよ~(^-^)



最近、お昼はまだまだ暑いですね。


朝夕は涼しくなったからといってうっかりしてると、
お昼に日焼け止めをぬるのを忘れて、危険なことになってしまう。


気をつけなければ。


そうなんです。


あたし、めちゃめちゃ日焼けするんです。


もともとの肌の色も黒いほうだから、

日光に当たると、ひかりをぐんぐん吸収し、

あっというまに、現地の人、みたいになってしまうのです。


20代前半の頃は、日に焼けてるほうが格好いい!と思って、

日焼け止めも塗らずに、海やプールに行っていた(今考えるとなんて無謀な!)

それでも、赤くなったり、ヒリヒリ、なんてことはまったくなく、

スムースに光合成し、どっぷり小麦色になっていた。


ガングロだった。


髪も長かったし、スーツや、ワンピースなど着て歩けば、
「出稼ぎの方」、と間違えられることも多々あった・・・


でも、一度、グァムへ行ったことがあって、
そのときも、「日焼け止めなんかいらん!」と、太平洋の海へ挑んだら、

ひどいことになった。

はじめてのヒリヒリ、まっ赤、痛み、を体験し、

「海外の日光は日本のとは違う。これから海外のリゾートに行くときは、
必ず、日焼け止めを持っていく」

と心に決めたが、

残念なことに、それ以降、海外のリゾートに行っていない・・・・・・とほほん。


あ、そういえば!

今、思い出したが、

小さいとき、

今はなき、大阪の、浜寺ジャンボプールで「くろんぼ大会」っていうのがあった。

プール脇のフリースペースみたいなところで、
台とマイクを置き、
子供たち相手にやるイベントみたいなものだった。

毎週いろんなイベントがあったようだが、

夏休みの最後の週は、夏休み総決算!みたいな感じで、
「くろんぼ大会」が、イベントの最後を締めくくるかたちで催されていた。

オトンが、出ろ出ろ、というから、参加した。

小3ぐらいの時だった。


いろんな地域から出場してる、日焼け自慢の子供たちが、わんさかいた。


恥ずかしいことに女子で参加してるのはあたしだけだった。


いくら、近所のおばちゃんたちには「ともちゃんはまっ黒やな~」と評判のあたしでも、
そんな強豪揃いの中で、勝ち残るわけがない。


しかし・・・・・・・・・・・・


あたしは女だてらに優勝してしまった。


多分、「女の子で出場」って言うのがポイント高かったのであろう。


あたしと最後まで争った同い年ぐらいの男子は、悔しそうにしていた。


いやいやいやいやいやいや、

あたしは、そんなに嬉しくなかったし!!!

むしろプールで泳いでたかったし!!!

しかも
「優勝はカツヒラトモコちゃんです~!」とマイクで発表されたとき、

壇上に立たされ、コメントを求められ、
恥ずかしくて恥ずかしくて早く終わってほしくて仕方なかった。

オトンは満面の笑みで、手をぶんぶん振っていた。
「トモちゃーーーん!!」という恥ずかしい声援も、しっかりとあたしの耳に届いた。


やめてくれーーーーーーーーー!!!と思っているさなか、
賞品授与になった。


賞品、と聞くと、さすがにそれはちょっと嬉しく、
箱に入ってきちんと包装された賞品をもらった時は喜んだ。

2位、3位の人たちは、
プール内で使える、焼きそば無料券だったり、ジュース無料券だった。

あたしは優越感にひたりながら、賞品を受け取った。

家に帰ってから母に報告してから、ゆっくり賞品を見ようと思い、その場ではあけなかった。


で、家に帰って、母に今日のことを話し、


夜になり、


わくわくドキドキしながら、家族皆の前で箱をあけた。


そこには、


『第○○回、くろんぼ大会優勝!!!』


と書かれた、安っぽい「楯(たて)」が入っていた。


しかも、○○回、のところの数字は、シールだった・・・・・・・・


家族みんながシーンとなった・・・・・・・


オトンが空気を読まず言った。


「焼きそば無料券のほうがよかったな!!」
[PR]
by mop-katsuhira | 2008-09-14 13:08
<< きださんと、有馬さん。 レモンライブ、始まりました。 >>



勝平ともこのブログ
by かっぺい
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30