<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
もうすぐ。
b0086593_2381041.jpg

雨ですね。


「雨っていいな」と思うときと、

「雨はきらい」と思うときがあるのは、

あれって、自分の精神状態によるのでしょうか?



今日の雨は、とても好きな雨だった。


そんなにルンルンな訳でもないのに、なんでだろ?


ま、おいしいものをおいしいと思って食べれるだけでもルンルンか。



制作からチラシやスケジュールも届き、

来週はミーティングもあるし、

もうすぐ稽古が始まるんだなぁとざわざわする。


今年はいろいろと状況も違うし、

きっとこれまで以上にバタバタするだろう。


あと2回、なんてセンチになってる暇もないのかもしれない。


とにかく前に進むしかない。


やるのだ。
[PR]
by mop-katsuhira | 2009-05-29 23:08
おー!いえー!!
b0086593_22402458.jpg

b0086593_22402410.jpg

b0086593_22402484.jpg

b0086593_2240246.jpg

b0086593_22402423.jpg

b0086593_22402585.jpg

b0086593_22402599.jpg

b0086593_22402547.jpg

b0086593_22402574.jpg

もう・・・・・・・・・・・

何も言うことはありません・・・・・・・・


うにゃん。


うほほほ。



奥ちん、げんたろう、ちえ、あっきー、あたし、そして初参加、三上兄。



いやあ・・・・・・・・・・・・・


みやじーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!



「おまえを思う気持ちが今の俺の全てだから」



きぇーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!




軽く無視でお願いします・・・・
[PR]
by mop-katsuhira | 2009-05-23 22:40
まっちゃんのすごいところ。
b0086593_22255364.jpg

トークをしてても、

他の芸人さんがすべったりしても、

必ずその後のまっちゃんのひとことで、笑いがおこる。

そうすると、そのすべった芸人さんも、「すべった」のに「ボケた」ふうにすりかわり、

サムさも軽減されたりする。


まっちゃんは、人の話を拾うのが非常にうまい。


けど決して、でしゃばりな感じがしない。


するーっと耳に入ってくる。


するーっとだけど、ちゃんと耳に残り、こっちも含み笑いをしてしまい、余韻まで残してしまう。


もともとボケ担当のまっちゃんがする「軽つっこみ」「ややつっこみ」みたいなの、
あたし、大大好きなんです。


ほんと、頭いい人だ。


番組を見てても、後輩たちへの優しさも伺える。


後輩にも好かれてるんだろうな。


若かりしころのダウンタウンがメインでやってた、

心斎橋二丁目劇場での関西ローカルの生番組「4時ですよ~だ」


あの番組を初めて見たときの衝撃からもう20年以上たつ。


あの頃からずっとファンです。


松本人志さん。


結婚・・・・・・・・・


びっくりしたーーーーーー!!!!!
[PR]
by mop-katsuhira | 2009-05-20 22:25
キヨシロー。
b0086593_0182842.jpg

あたしがまだ中学生だったとき、

RCサクセションは大人の、お兄さん的な存在のバンドだった。


奇抜なファッション、

キヨシローの色っぽい声、

きゅーんとくる歌詞。


まだまだ子供だったあたしは、

「車の中で彼女と手を繋いで眠った」

って歌詞だけでもドキドキしていた。


車の中、ってのがなんとも、若くて蒼くて切ない。


でも当時のあたしは、その大人っぽい、甘く切ない胸キュンな曲を、背伸びしながら聴いていた。


キヨシローの歌は、バラードであっても、アップテンポな曲であっても、どれも、そういうものがちりばめられていた。


そして、どんなに奇抜なことをしても、ちゃんと歌詞が聴こえてくる。


泣いてしまったり、共感したり、パワー全開になったり。


「ちゃんと歌詞が聴こえる」


大切なことだ。


日本語ROCKの先導者だったと思う。



一度だけ、


ナマの清志郎をライブでみた。


高校生だったあたしは、友達と一緒に、大阪の南港の特設会場で行われた「Super Jam」(スーパージャム)という、今でいう「ロックインジャパン」みたいなライブイベントに行った。

たくさんのバンドが出演し、数時間行われる。


あたしと親友のT子は、チケットが取れた日からドキドキで、

いつも学校でその話をし、当日何を着ていったらいいか?とか、

トップバッターは誰で、ラストは誰だろう?とか、そんな話ばっかりしていて、

ワクワクが頂点を迎えたところで当日を迎えた。


暑い夏だった。


むせかえるような暑さの中、あたしたちは大興奮し、拳をあけだり、跳び跳ねたりしていた。

あたしのその日の一番のお目当てはバービーボーイズだったのだが、親友のT子はRCサクセションだった。


ラストがきた。


大トリはRCサクセションだった。


RC好きなT子とキャーキャー言いながら、前の方へいき「キヨシロー!キヨシロー!」と何回も叫んだ。


一緒に跳び跳ねた。


最高の1日だった。


帰り道は何度も何度もライブの感想を喋りまくり、


その日からしばらくは学校でもライブの話で持ちきりだった。


あの日のライブは、確実に、あたしの青春の思い出となった。



T子とは、


高校を卒業して離ればなれになったが、ずっとつきあいがあり、今でも親友だ。


ずっとキヨシローが好きで、


その後、なんと、


RCのライブで知り合った男の子とつきあうことになり、


そして、結婚した。


今は、そのだんなさまと、可愛い二人の子供と、仲良く幸せに暮らしている。


キヨシローがいなければ、


2人は出会うことはなかったんだ、と思うと、あたしは、さらに胸いっぱいになってしまった。



心より、


ご冥福をお祈りいたします。



2人を結びつけてくれて、ほんとうにありがとうございました。
[PR]
by mop-katsuhira | 2009-05-13 00:18
あたしまでドキドキ。
b0086593_2243646.jpg

世の中でいうゴールデンウィークとやらも最終日ですね。

あたしにはちっとも関係なかったけどね。ちぇっ。

とあるカレーの店で、写真↑のランチが590円だったことにハッスルはしましたけどね。

そしてブログもさぼってましたね。

気づいたら10日以上書いてないね。

あちゃー。
何やってんだか。


ゴールデンウィーク中に、朝早く新宿に行く用事があった。

新宿西口あたりを歩いていると学生たちがたくさん集まっていて、待ち合わせをしていた。

サークルかなにかの旅行なんだろうな。

みんなピチピチ。

朝から異様にテンション高い。

若さ炸裂。


眠さ炸裂ぐったり顔のあたしとは、存在自体が違う・・・・・はふー


「楽しんでくるんだよ・・・・今が一番楽しいときなんだからね・・・・謳歌しなさいね」

と、心の中で、意味もなく彼らに声をかけるあたし。

なんのこっちや。

オカンかい・・・・・



その時。

まさしく、『今から初めてのお泊まり旅行』、的なカップルが!!!


女の子が小さく手を振っている。


男の子がそれに気づき、女の子に近づく。


男の子「待った?」
女の子「ううん、今来たとこ」
男の子「・・・うちの人、大丈夫だった?」
女の子「うん、女の子だけの旅行って言ってあるし。前々からちゃんと言ってあるし、友達にも話あわせてもらってるから。全然、大丈夫。」
男の子「そっか、よかった・・・・じゃ行く?」
女の子「・・・うん。ほんとにねー、今日楽しみにしてたのー。」
男の子「俺も。昨日ドキドキして眠れなかったよー」



って、こんな会話してたんだろーな!多分!!


くーーーーー!!!!初々しいぜ!こんちくしょう!!!!(←うるさい)


あたしは、小田急のロマンスカーに乗り込むだろう(知らないけど)二人の背中を見送りつつ、



「おい!そこの男子!!決めてこいよ!」


とエールをなげかけた。



いや・・・・・

何がいいたいかというと、

女の子にいいとこみせて、決めて来いよ!ってことなんですけどね。


最近の草食男子って何なのでしょうか?


あたしは、

たとえ控えめでおとなしい彼であったとしても、

女の子の前では、

男の子は、たくましくて、優しくて、大きくて、

常に肉食でいてほしい、って思うのです。
[PR]
by mop-katsuhira | 2009-05-06 22:43



勝平ともこのブログ
by かっぺい
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31